【寒さで朝起きれません!】2014年12月15日(月)

皆さん お疲れ様です。ムーブスタッフです。
先週末から、福岡はまたまた寒くなりましたね。
気温が低くなると、朝起きるのがすごく辛くなります。
起床した時に寒い!と、ついついベッドの中でぐずぐずしてしまい、
あっ!と、バタバタ職場や学校へ行く人も少なくないと思います。
そもそも、冬は何故起きれないのでしょうか?
人間の体温は、眠っている間は低くなり、朝が近づいてくるにつれて上昇する傾向があります
しかし寒い季節は外の空気が冷たいため、どうしても体温が上がるまでに時間がかかります
人間は体温が上がらないと休息モードから活動モードへの切り替ええるスイッチが
スムーズにできない為、目が覚めても何だかボーっとしてしまい暫くの時間
力が入りません。
ようは、寒いと起きれないのは体温が上がっていないからなのです。
反対のことを言えば、目が覚めた直後に身体を温めて、体温を上げることができれば。
スッキリ起きられるようになるということです。
朝、起きて体温を上げるためにどうしたらいいのでしょうか。

■寝る前に手の届くところに、靴下、部屋着、必要に応じて防寒着を置いておく。
■厚着をして寝ます。寒く感じないのであっさり布団を出られます。(靴下は必要)
■グー・パー法
まず、両腕を突っ張るように伸ばし、手を5秒間ぐーっと握る。
5秒間脱力する。息をふーっと吐きながらすると効果大。
次に、両脚も同じく突っ張るように伸ばし、足指を5秒間ぐーっと握る。
5秒間、息を吐きながら脱力。
最後に、両腕両脚を突っ張りながら5秒間、ぎゅーっと握る。
10秒間脱力。
このやり方で頭がスッキリするそうです。
■エアコンのタイマー機能を利用
起きる30分前にヒーターのスタートタイマーをセットする。
目が覚めたときに寒くなければ起きれそうですね。

冬の空
冬の空