【本日は『朔旦冬至(さくたんとうじ)』】 2014年12月22日(月)

 

障がい者スキルアップスクール ムーブスタッフです。
毎日寒いですね。明日からは気温が少し上がるようです。2014年も残りわずかとなりましたが、モチベーションを落とすことなく、乗り切っていきたいと思います。
本日、2014年12月22日は19年に1度の『朔旦冬至(さくたんとうじ)』 太陽と月が復活する日です。普段の冬至とはちょっと違う特別な冬至「朔旦冬至」さくたんとうじはいったい何が普段の冬至と違うのでしょう。
太陽の周期に対して、月の満ち欠けのサイクルで冬至にあたるのが新月です。
月は満月からどんどん欠けていき、そして一度姿を消したあと、新月で復活し、満月に向けて満ちていくからです。この太陽の復活の日『冬至』と、月の復活の日『新月』が重なるのが『朔旦冬至』です。 『朔』は新月を、『旦』は昇る太陽を表しています。
これが『朔旦冬至』の由来です。
いまでは、暦の様々な改修になどを経て、旧暦の11月1日と冬至が重なる日が『朔旦冬至』となっています。このダブルでおめでたい『朔旦冬至』ですが、太陽と月の周期(約365日と約29.5日)は、当然違っていますので毎年重なるわけではありません。この2つが重なるのが19年に1度、そして2014年がその19年に1度の希少な日なのです。(ホームページより一部引用)
この日を大切に過ごすことで、運気がアップすると言われています。
「朔旦冬至」の過ごし方で運気アップ!するそうです。
皆さんはどのようにして過ごされますか?

月