「利用者Kさんの”自身でハローワークへ行きました”」のシェア会」2020年10月13日(木)

ムーブスタッフです。朝晩だいぶ涼しくなってきましたね。このように季節の変わり目は、体調の変化に要注意です。春や秋は日々の寒暖差や、低気圧と高気圧が頻繁に入れ替わる気圧変動が大きい季節で、寒暖差に対応するため自律神経の一つである交感神経優位が続くと、エネルギー消費が増え、疲れやだるさを感じやすくなるそうです。この自律神経、自分の意思ではコントロールできず、ちょっとしたストレスでもバランスが乱れてしまう為に体調を崩してしまいがちです。

体調を崩しやすい人は、その崩しやすい回数を少しでも減らしていくと、段々と体調が整ってくると思います。では、どう対処するのかというと生活リズムを崩さないように睡眠、食事、運動を整えて日常生活を送っていく事を心がけていきましょう。

と前置きが長くなってしまいましたが本日は、通所の利用者Kさんの先日、自身でハローワークへ行った事の出来事、また自身が感じた事をシェアしていくために、発表して頂く機会を設け、他の利用者の方へ話を聴いていただきました。

利用者Kさんは、気になった時は自身で動く!自身が納得するように、他者へ質問相談して腑に落とすというフットワークの軽さが強みです。

就労を目指す中で、求人検索を行う為に、中央区赤坂のハローワーク中央まで自ら出向き検索機で検索し、窓口への相談もしてこられました。

ハローワーク窓口の方もとても親切に親身になって話を聴いてくださったそうです。自身が今、何に対して疑問をもち、今後何を目標としてどう動いていったらいいのか、一緒に考えてもらいました。

ハローワークの求人検索という作業は、ムーブのパソコンでも充分できるのですが、利用者Kさんはあえてハローワークへ出向き、窓口の職員の方へ相談までしてこられました。その環境に身を置いて活動しておくと、何か一歩先に事が進み、また自己成長に繋がります。実際に、頭の中で気になっていた事、悩んでいた事、モヤモヤしていた事がハローワーク窓口で相談した事で、問題解決したそうです。

このような経験した事を発表して頂き他の利用者の方とシェアし、またこの発表についてそれぞれがどう思い、どう感じたのか、という事についても発表して頂きました。発表といっても、ステージに立って皆さんの前でマイクをとおして発言してもらったというわけではなく、各々のデスクを移動する事なく、そのままの席で前を向いて発言してもらい、聞き手も、各自のデスクでそっと耳を傾けて聴いていきました。利用者Kさんの話を聴いてどう感じたのか、さまざまな意見がでました。

●利用者Yさん

ハローワークに自ら行ってやりたい仕事、病気のこと、すぐ電話を入れてみること、行動にすぐ移せるところを見習いたいと思いました。

●利用者Mさん

ハローワークとの人脈、共通の知人話題によって心をオープンになる、人に話すことで自分自身の考えをまとめるという気づきがありました。自発的に動く、通所をきちんとするというのは心に刺さりました。

●利用者Rさん

行動力が早いくて凄い人だなと思いました。ハローワークの求人情報がスマホからでも家のパソコンからでもできることを知らなかったので驚きました。
 
ひとつの出来事に対して感じ方は様々です。またその後、どう考えどういった行動をとっていくのかも人それぞれです。大切な事は「自発的に動く事」就労するのは、家族でも支援者でもなく、自分自身だと言う事です。動くのも自分、動かないのも自分。自分がどうしたいのか、じっくりゆっくり考えて行動していきましょう。
 
#就労移行支援事業所
#ムーブ
#テレワーク
冷泉公園の電話ボックス
ムーブ事業所近くの冷泉公園というところにある電話ボックスです。今では電話ボックスをみつけるのも一苦労ですが、ここには昔から変わらず定位置に電話ボックスがあり、隣には大きな桜の樹があり、木漏れ日がとても綺麗です。
 

 

 

【「人とのつながり」についてプチワークをしました。】2020年10月9日(金)

ムーブスタッフです。朝晩涼しくなってきました。先日に続き、不定期ではありますが、教室内で、グループワークまではいかないけど支援者があるテーマについて数名の利用者の方へ声をかけ、そのテーマについて利用者の方がどう思って、どう感じたのか、という事を発言してもらっているというプチワークを行いました。

今日のテーマは「人とのつながり」についてです。人は一人では生きていけない。人が人とつながるため、どのくらいの時間が必要なのか。人と親しくなる事は、必ずしもよいことばかりではなく、苦痛や危険を伴うというリスクもあります。また雑談の広がり、深まり等について少人数でしたがワークをしました。人が人とつながる為には、ある一定の時間が必要ですが、それは段階を踏んで距離が近まり関係性を深めていく事ができます。

新しい仕事の為の会議

兄弟ケンカ

教室へ入って友達へ挨拶

授業が終わって、部活で練習をした

母親から朝起こされた

近所の人に挨拶をした

等々、人は多くの人と関わりを持って生きていきます。

雑談についても多くの意見がでました。

【雑談の際の話題はどんな事?】

季節、ニュース、旅行の話、家族の話、健康の話、仕事の話、衣服の話、食べ物の話、住まいの話等々

しかし、これらは、家族や健康、仕事の話等、相手の状況を見ながら話す必要があります。日本語は特に難しく、結論を先延ばしにして話すので、結局言いたい事は何?と言いかねません。

人とつながる事・・・・・

今、自身にできる事を淡々と、コツコツとやっていこう、という事の結論になりました。

今後も不定期ですが、タイミングみながらプチワークをやって行きたいと思います。

#就労移行支援事業所

#ワーク

 

「北九州市障がい者就労プロモーター事業就労以降支援事業所担当者懇談会における講演」の件/2020年10月5日(月)

 

前回、9月18日のブログの内容で「北九州市障がい者就労プロモーター事業就労以降支援事業所担当者懇談会における講演」で、当事業所K代表がテレワークによる障がい者雇用の促進と支援の実際について発表をさせていただいた件と、利用者の方がZoomでプレゼンテーションをさせて頂いた事は既にご紹介させて頂きましたが

このことについて「北九州障害者しごとサポートセンター」のHPで掲載されておりましたのでご紹介をさせて頂きます。

↓↓↓以下をクリックしてください。

北九州障害者しごとサポートセンター

 

【北九州市の講演で在宅利用者の方がプレゼンテーション!!】2020年9月18日(金)

ムーブスタッフです。

本日は、「北九州市障がい者就労プロモーター事業就労以降支援事業所担当者懇談会における講演」の中で、K代表がテレワークによる障がい者雇用の促進と支援の実際について発表をさせていただきました。

そんな中で、ムーブの在宅利用者Hさんが、なんとZoomオンラインでつなぎ、ご自宅から、現在のテレワークトレーニングにおいての体験談についてプレゼンテーションをされました。

今日の本番まで、何度もリハーサルを行い周到な準備を重ねてやってきましたので、ベストなパフォーマンスができたと思います。

■テーマ:「テレワークって何だろう?」

●テレワークの定義

●どうしてテレワークを始めたのか?

●テレワークのメリット・デメリット

●テレワークで必要だと感じたこと

などなど、リアルな声を聴く事ができました。

今後もスキルアップ・ムーブでは、テレワークを積極的に進め、障がいをもった方がもっともっと活躍できるようにサポートをしていきたいと思います。

#就労移行支援事業所

#テレワーク

 

 

【「指示理解」についてのプチワークをしました。】2020年9月15日(火)

ムーブスタッフです。

やっと暑さが和らぎ、朝晩涼しくなってきましたね。

ムーブでは、不定期ではありますが、教室内で、グループワークまではいかないけど

支援者があるテーマについて数名の利用者の方へ声をかけ、そのテーマについて

利用者の方がどう思って、どう感じたのか、という事を発言してもらっているというプチワークを

行っています。

発言したくない人は無理に発言する必要はありません。

発言できる人に発言してもらっています。

あるテーマについて耳を傾け、それに対して自身がどう感じたのかを

他者へ自分の言葉で伝える。

このインプット(知識等を習得、自分の中に取り入れる)、アウトプット(自分で体験した事や学習して得た知識を次の成果へつなげていく)というプロセスが大切です。

本日のテーマ:スタッフ(会社の人)からの指示が理解できなかった時にどうしますか?

①わからないまま放置する

②すぐに聴き直す(質問する)

③時間が経ってから聴き直す(質問する)

④他の人に確認する

みなさんはどうでしたか?

本日参加された利用者の方は4名ですが、さまざまな意見がでました。

●Aさんの意見●

わからない事が明確であればすぐ質問できるが、わからない事が明確でない場合(はっきりとしていない場合)は、質問する事を後回しにする。

●Cさんの意見●

わからない事を放置していると仕事にならず、責任者の負担になる。その場の雰囲気やその人との信頼関係など色々あり、また聴き方(質問の仕方)が大切だと思った。

●Fさんの意見●

自分の思いを他者へ伝える事が苦手で練習する必要があると感じた。またムーブでは口頭で伝える以外に、LINEやSlackなどのアプリを使って伝える事もあるので、必要に応じて色々な方法をとっていきたい。

●Pさんの意見●

わからない事を放置する事は社会人としては、NGだと思います。私の場合、すぐに聴けたら聴きますが、その場の雰囲気や質問する時間がとれない場合があるので、そういう場合は他の人に質問する事もあります。しかし、質問する人を間違えてしまうと内容が変わってしまう事があるので混乱を生じる事もありました。

基本的に、「すぐに聴き直す」ということが前提です。指示を理解しないまま仕事を進めるとミスの原因になります。指示を出す側としても理解できていないところは、その場で解決して欲しいはずなので理解できなかった事はすぐに聴くことが望ましいと考えられます。

ムーブでは就労に必要なちょっとしたスキルについて今後もプチワークしていきたいと思います。

#ワーク

#就労移行支援

#指示理解

 

【ストレス・・・そしてまたストレス】2020年9月3日(木)

ムーブスタッフです。

一難去ってまた一難。

台風9号がやっと落ち着いたと思った矢先に今度は週末の台風10号!

コロナ・猛暑・台風・・・と次から次へとくる災難に私たちは向き合っていかなければなりません。

先日、「ストレスマネージメント」という研修を受けてきました。自分の身体は自分で管理して守る、そのための具体的方法を学ぶ、といった内容です。

そもそも「ストレス」とは?

●刺激によって「心身に負荷がかかった状態」の事。

●外部から受けたときに生じる緊張状態のこと

●生活上のプレッシャー、及びそれを感じた時の感覚のこと

ストレスのサインは「からだ」「こころ」「行動」に表われる

このサインを見逃してはいけません。自身にどんなサインがでるのかを理解し、対処工夫していくことが大切です。

小さなストレスが大きなストレスに発展しないように、自分自身でストレスをマネージメントしていく事が大切です。

#ストレス

#就労移行支援事業所

 

 

【スキルアップ・ムーブ教室内を撮影してみました】2020年8月5日(水)

ムーブスタッフです。

急に暑くなり、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今日は、ムーブの利用者の方が普段トレーニングをしている
教室内を撮影してみました。

ムーブでは以前から必要な方からのリクエストにより
パーテーションの設置をしていました。

パーテーションを設置する効果というのは

利用者の方が集中してトレーニングを受ける事ができる社員が仕事に集中できる

パーテーションで個室空間を作ることで集中力が高まり、集中できるため生産性アップの期待ができます。

ストレスを軽減

トレーニング中、他者の目線など気にして作業する人は多く、ストレスに感じてしまう人がたくさんいます。
パーテーションでデスク周辺を間仕切りするだけで、目線、視線をシャットアウトでき、トレーニング中(仕事中)のストレスを改善できます。

今は、コロナウィルス感染症予防の為、パーテーション設置など色々な場所で、それぞれの事が工夫されています。

#就労移行支援事業所
#パーテーション
#テレワーク

【Zoomオンラインミーティング(第3回目)】2020年7月17日(金)

ムーブスタッフです。
毎日、雨が降ったり止んだりで安定しない天気ですが
皆様いかがお過ごしですか?
最近、定例となっているZoomでのオンライン体験会
本日午後13時半から開催しました。

■本日のZoomのテーマ
事前に利用者の方にアンケートをとった
●「スマホをどんな事に活用していますか?」
●就労について
過去の経験も含め、今後就労活動を行うにあたり、
どんな職種、また仕事内容を希望していますか?
その他
について、意見交換をしました。
途中退席OK、顔出しNGな際には非表示OK
但し、傍観者にならないよう
一人一人が自身の考えをもち、意見をしていく事でした。
今では生活必需品となっているスマートホン
さまざまな使い方があるようです。
また、就労について、在宅利用者の方から
過去の経験をふまえて、現在の在宅でのトレーニングのスタイルが
一番自身にマッチングしていると感じているというご意見もありました。
多種多様な職業や業務がある現代において、
人々の働き方の選択肢はさまざまです。
情勢が刻々と変化していく中で、求められるもの事も変化してきます。
その変化に対応するために、私たちは学びを止めずに常に成長していきます。
今後も不定期ではありますが、通所、在宅の利用者の方と
Zoomでオンライン意見交換会を開催したいと思っています。
#Zoomオンライン
#就労移行支援事業所
#テレワーク

【Zoomミーティング第2回目】2020年6月19日(金)

ムーブスタッフです。
今月のイベント行事として、ムーブでは、「オンライン体験会」の開催を
第1回目に6月12日(金)そして本日第2回目オンライン体験会を行いました。
今日は、利用者の方、スタッフ含め総勢14名での参加でした。
1回目も本日の2回目もZoomを使って進めてみたのですが、
音声もカメラも問題なく非常に画面全体が安定していると思います。

普段からスキルアップ・ムーブでは、SOCOCOやZoomを使い、
WEBカメラをつなぎ、ちょっとした面談、WEB面接の練習、課題についての質問などなど多くの事をトレーニングしています。
次回は、Google meetを使って練習をしたいと思います。

ムーブでは2016年からテレワーク就労について取り組んでいます。
見学、体験随時受け付けています。

スキルアップ・ムーブ
代表電話:092-263-5337
FAX:092-263-5338
メールアドレス:info@skillupmove.com

#テレワーク
#就労移行支援事業所