見学レポ!【那珂川すいーつ工房Mana Mana】2019年3月15日(金)

だいぶ暖かくなってきました今日この頃です。

ケーキなどのお菓子類を製造・販売している【那珂川すいーつ工房ManaMana】さんの見学に行ってきました! 

スタッフの皆さま、ご多忙の中、お時間を割いていただきありがとうございます。

こちらのお店は、障がい者の方々に向けた就労移行・継続を支援している施設のひとつです。博多南駅から車で約10分ほど走ると、店名の書かれた白い看板が見えてきます。
ドアを開けた途端にふわりと香る甘い匂い……心が吸い寄せられました。

 

お店に入れば、ビタミンカラーに彩られた店内と、美味しそうなお菓子たちが迎えてくれました。これからどんな体験ができるのか、心がワクワクしています。

 さて、今回はケーキ屋さんのお仕事現場を見学できる貴重な日。代表者のMさんの説明に、みな興味津々で耳を傾けます。

 このお店で働くスタッフさんたちは、具体的にどんなお仕事をしているのか?その中で、障がい者のスタッフさんは何のお仕事を担当しているのか?就労移行・継続を支援する施設として、どんなことを意識しているのか? など、様々なお話を語り聞かせてくださいました。

移動販売を行ったり、飲食店にデザートを納品など、店外でも活動中の【那珂川すいーつ工房】さん。ここから更に新しい挑戦を始めるとのことで、代表の方の、そしてお店全体としてのチャレンジ精神を強く感じました。

 スタッフさんが出入りする作業スペースにもお邪魔させていただきました。

 できあがったお菓子をラッピングする作業部屋、材料を保管するための大きな冷凍室、立派なオーブンが設置された調理室など、滅多に目にすることのない光景にドキドキでした。

作業部屋では、このお店で働いている障がい者のスタッフさんにお話を聞くことができました。その手元には、できあがったお菓子たちとラッピング用品。ニッコリと笑顔でお仕事の内容を説明される姿を見ていると、これが“支援のもとで働くということ”なのだと感じます。

見学後は、【那珂川すいーつ工房Mana Mana】さんのお菓子を購入♪

ガトーショコラ、チーズケーキ、ラスク、スコーン、シュークリーム、プリンなどなど、どのお菓子も美味しそう……。このお店で調理員のリーダーを務める方は、以前、有名ホテルでパン職人として働いておられたそうです。

 私たちがどれを買おうか迷っている間にも、一般のお客さんがご来店。どの方もとても嬉しそうな表情でお店に来る姿が印象的でした。

DSC_0063

各自、お菓子を購入したら……これにて、【那珂川すいーつ工房Mana Mana】さんの見学終了です。スタッフの皆さま、貴重な体験をさせいていただきありがとうございました。

 ムーブでは、今後も定期的にイベントを行う予定です。その都度ブログも更新していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。