【「セルフケア」について】2020年4月30日(木)

ムーブスタッフです。

セルフケア」という言葉をご存知でしょうか?スキルアップ・ムーブが力を入れている事は、「セルフケア」についてのスキルです。

セルフケア」とは、どような事でしょうか?セルフケア(self care)とは、セルフマネージメントとも呼ばれますが、自分自身をケアすること、つまり、自分自身で自分のケア(お世話)をする、面倒を見ることを意味します。

ムーブでは、株式会社リクルート様の(knowbe)というソフトを使ってます。セルフケアとは、自分の体調の変化に気づき、それに対処するための、知識・方法を身につけ実施することです。働く上では、このスキルがとても重要だとされています。

状態把握

【不調になる原因・きっかけ】

頭痛という症状が起きるとき、最初は小さな痛みが生じて、それが徐々に強くなってくると、『あ、頭痛だ』と気づきますね。これが状態把握です。

特徴理解

【不調になると・・・】

症状を何度か経験していると、そのうちに、雨の日は頭痛が出やすいなど、どんなときに症状が出やすいか分かってきます。発生頻度や症状が継続する時間、その間できること、できないことなども分かるようになります。これが2つめの特徴理解です

回復対処

【不調になった際の対処は?】

頭痛が起きたら、何かしらの対処をすると思います。仕事中だったら、だいたい頭痛薬を飲んで、少し休んで、痛みが治まったら仕事を再開する、などの対処になるでしょう。これが3つめ回復対処です。

配慮相談

自分の今の状態と対処法、配慮してほしいことについて、周囲の人に伝えるということです。『先ほどから頭痛が出てきて、今、頭痛薬を飲みました。痛みが軽くなるまで、10分ほど席を外してもよろしいでしょうか』。こんな風に伝えられれば、周囲の人も状況が理解できて、今どんな配慮が必要なのか分かるようになりますね。これが4つめの配慮相談です。

身体がきつい時、不調を感じた時、頑張って治るものではありません。セルフケアは、働く本人も一緒に働く社員も、安心できる重要なスキルです。自分らしく、長く働き続けるためには、まずじっくりと自分を理解するトレーニングをして、セルフケアのスキルを身につけて行きましょう。

問い合わせ:代表電話092-263-5337・FAX092-263-5338

メールアドレス:info@skillupmove.com