【テレワーク導入にあたって】2020年5月22日(金)

 

ムーブスタッフです。
今回の新型コロナウィルスの影響により
ムーブの通所の利用者の方は在宅でのトレーニングになり
スタッフは通勤型から、在宅勤務となり約2ケ月間やってきました。
スキルアップ・ムーブでは2016年からテレワークに取り組んできましたので、
おかげ様で、大きな混乱もなく業務を円滑に進める事ができました。

利用者の方は既に在宅でのトレーニングを行っている方は多数おられるのですが、スタッフが在宅勤務になるのは、今回のコロナの事がきっかけで、積極的にテレワークを取り入れてきました。自宅で仕事・・・・そんな、ノートパソコンを部屋にもってきて普段と変わらず入力するだけよー、と思っているそこのあなた!

実は気づく事がたくさんあって、過去のブログにも書いてきましたが、やはり1番に整備するのは「環境」だと実感しました。
基本、家の中は生活する場所であり、仕事をする為の構造にはなっていません。床に座ってテレビはみれますが、長時間パソコン作業は、腰や肩に負担がきて、とても集中力が持続しません。そこで早い段階で、折り畳みのデスクと椅子を調達し、とりあえずの環境は整備!しかし、パソコンの画面というのは、座った状態で自身の目線より下になると、ひじょーーーーーに目が疲れるのです。そこで、キーボード、ノートPCを別にし、ノートPCを少し高くしてみました。

DSC_0041

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この高さを設ける為に、実はノートPCの下にティッシュの箱を置いています。
それにしても自宅でテレワークすると言う事は、外部の騒音もするわ、インターホンはピンポンピンポン鳴るわ、
鳩はくるわ、カラスはくるわ、コウモリは飛んでくるわ(汗)
家人は遠慮なく話しかけてくるわ、いやいやこっちはオンラインで会議中だー!!!と言っても、なかなか理解ができません(汗)まぁ、当然だと思いますが、これは時間をかけて家人を説得するしかないですね・・・・・。課題はまだまだありますが、工夫をすれば少しづつ解決してくると思います。

職場で何気なく使っているパソコン、デスク、椅子など実は意味があって、私達が仕事がしやすいように環境整備が整っている事がよくわかりました。

総務省がテレワーク導入手順をだしていますが、

セキュリティ対策
ルールの整備
労務管理
報連相の方法
始業終業時刻の管理
導入の為の教育研修
ICT環境整備
コミュニケーションツール

その他色々、かなりハードルが高そうに書いてありますが、
チャレンジしてみれば案外楽しく、いろんな事がクリアできると、要領がわかってきて、
生産性もあがってきました。
多くの企業様がテレワークを積極的に取り入れて頂き、
そして障がいをもった方への雇用も増えてくる事を願っています。
その為に、今後もスキルアップ・ムーブは全力でサポートしていきます。

#就労移行支援事業所
#テレワーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA