【朝のラジオ体操】 2015年2月23日(月)

障がい者スキルアップスクール ムーブスタッフです。

当スクールでは、毎朝、パソコンのタイピング練習から始まり

その後、ラジオ体操を行っています。

みなさんは、子どものころ、夏休みに朝、ラジオ体操に通っていましたか?

音楽にあわせて身体を動かすと、

意外に覚えているものですね。

ラジオ体操も第一、第二、なんと第四まであるそうです。

ラジオ体操の普及に努める、NPO法人全国ラジオ体操連盟ホームページには、

ウォーキングなどの運動とラジオ体操の消費カロリーの比較が掲載されています。

ラジオ体操は、速いペース(毎分90〜100メートル、15分で57キロカロリーを消費)で

ウォーキングを行った時と同じ程度のカロリーを消費する運動であるらしいのです。

そのような、意外とハードなラジオ体操を、毎日継続して行うと、

どんな効果が期待できるのでしょうか?

平成21年に神奈川県立保健福祉大学健康サポート研究会によって調査によると、

ラジオ体操を継続して実施している60歳以上の人々は、

平均的な同世代の人々と比べて、以下のような傾向があるそうです。

 

◎お腹周りが平均より5㎝ほど小さい。
◎歩行能力と筋力に優れる、特に、ジグザグ歩行、握力に優れる。

つまり、ラジオ体操を継続することで、

くびれのあるセクシーな高齢者になれる可能性があるとの事です。

1995年に発売された「NHKラジオ体操」の音源CDが、

ロングランで売れ続けているそうです。

ラジオ体操って、色々な意味で、スゴイですね☆

 

「ラジオ体操第1~~~」♪♪♪  

↓↓↓↓↓↓↓↓↓♥クリック♥↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★★ラジオ体操★★
「ラジオ体操第1~~~」♪♪♪