【福岡市天神の福ビル跡地】2021年7月20日(火)

スキルアップ・ムーブ スタッフです。

毎日、毎日暑い日が続いていますが、皆さまお元気でいらっしゃいますでしょうか?毎朝、元気よく鳴くセミの声で起床し、今日も変わらず出勤しました。

スキルアップ・ムーブの事業所は、中央区天神と、博多区の博多駅のちょうど中間地点くらいの位置にありますので、アクセスがとても便利です。地下鉄もバスもJRも西鉄電車もあります。現在、天神地区は、福ビル街区建替プロジェクトと称し、かなり景観が変わってきています。画像は、地上19階建てビルですが、かなりカッコいいビルのようです。2025年の春開業予定との事で、福岡もまた景色がより一層変化しそうで楽しみですね。

 

 

【複数人からのアドバイスは必要???】2021年7月7日(水)

ムーブスタッフです。今日は七夕の日ですね。そもそも七夕って、どんな日?と改めて調べてみると、ざっくり言うと”七夕とは、織姫(おりひめ)さまと彦星(ひこぼし)さまが天の川を渡って、1年に1度だけ出会える7月7日の夜のこと。”

15時~19時くらいまでの間にお願いごとをするといいそうです。

さて、前置きはこのくらいにして、今日は、タイトルにあるように、ひとつの事を決める時に、複数人からのアドバイスは必要なのか?という事についてお話したいと思います。

日常生活の中でも、決断をくださないといけない時って沢山ありますよね。こっちを先に食べようか、後回しにしようか、傘持っていこうか、やめようか、今日洗濯しようか、明日にしようか、あの人に電話しようか、メールにしようか、やっぱり今度にしようか、等々私たちは日々の生活の中でも自己決定が求められるシチュエーションは多々あります。

ムーブでは利用者の方に一般就労をして頂くために支援をさせて頂いているのですが、利用者の方自身で、決定をくださないといけない時が多々あります。そんな時、自身で結論をだす前に、複数の人にアドバイスをいただく場合があります。この複数人の方からのアドバイスは果たして必要なのでしょうか?

答えは「Yes!」です。可能であれば、複数人のからいろんな視点でアドバイスを頂くのがいいですね。アドバイスや助言をしてくれる人それぞれの、経験値、知識、感じ方が違うので、色々な意見に耳を傾け、聴いていくといいです。ただ、これには注意する事があり、例えばAさんにはこういわれた、Bさんにはこう言われた、Cさんにはこう言われたという内容をAさん、Bさん、Cさんにそれぞれ伝えてしまい、みんなが困惑してしまうという事態に陥ってしまうので、あくまでも自分自身で総合的な判断をするという事が大切ですね。

 

【面接について】2021年6月30日(水)

今日は6月最後の日、蒸し暑いですね。冷房を入れても、密にならないように窓をオープンにしていますので、あまり涼しさを感じず、ムシムシ・・・・・。このムシ暑さが思考をストップさせているようで、効率よく仕事ができません。

話は余談になりましたが、ムーブでは今週末、利用者の方が面接を受けられるのですが、本番前までにZoomでの面接練習、対面での面接練習を行っています。

そんな中で「面接がこわい」「緊張する」「うまく話せない」など、色々なお声があります。

面接は、何故「こわい」という感情になるのでしょうか?こわいと感じる中には、①失敗するのがこわい②不採用になったら、また不採用が続いたらどうしよう③うまくできるかわからないという不安ばかりがつのる

などなど様々な感情がよぎります。自信のある人は緊張しないかもしれませんが、どうしても失敗イメージが頭の中をよぎりますので、どうしても緊張してしまいます。そのようなネガティブなイメージを取り除くために、どうしたらいいのでしょうか?それは、事前に準備、用意する事が大切になってきます。では、その準備とは?用意とは?どういった事でしょうか?

事前に、身だしなみのスーツ、靴、バックを準備、挨拶の練習、質問に対してどう返答していくか等を原稿として書く、それを読む、また声をだして読み上げる、面接の時間は決まっていますので、その時間にあわせてシュミレーションする、等々事前準備は沢山あります。この準備をする事で頭の中が整理ができ、身体も整ってくると思います。

誰でも緊張します。企業さまは、「自社にあう求める人物像であるのか?」と見極められる為に面接されます。自分らしく正直に誠実に自分にできる範囲で、できる事をやって行きましょう。

#面接#就労移行支援事業所

 

【支援学校現場実習終了しました。】2021年6月25日(金)

ムーブスタッフです。暑くなったり、気温が少し下がったり、なんだか安定しない今日この頃です。こんな時は体調を崩しやすく、特にこの時期、食中毒なんかあって、気が抜けないって感じです。

6月の中旬頃から、支援学校の生徒さんの実習がありました。テレワークを働き方のひとつとして昨年11月に一週間の体験、その後、今月6月に一週間の現場実習となりました。

今日は、最終日という事で実習生の方、先生、ムーブのスタッフで反省会を開催しました。コロナ禍の今、テレワークの需要が少しずつ高まり、多様な働き方・生き方が選択できる時代です。今後も自分らしく、豊な人生を送っていただきたいですね。2週間大変お世話になりありがとうございました。

#テレワーク#就労移行支援事業所#支援学校体験実習

【応募書類の作成】2021年6月3日(木)

スキルアップ・ムーブ スタッフです。晴天続いたと思ったら、今日はいきなり雨!!!天候や気温が安定していないこの時期は、とても体調を崩してしまいがちです。皆様どうぞご自愛ください。

今日は、希望する企業がみつかっていよいよエントリーの際に、避けて通れないのが応募書類の作成についてお話したいと思います。

スキルアップ・ムーブの利用者の方はトレーニングの段階で、応募書類(履歴書・職務経歴書・ナビゲーションブック)などの作成を行うのですが、これが意外と時間がかかります。自分のことってわかっているようで、意外とわかっていないことも多いですね。そこで役立つのは自己理解、自己分析をする、ということになってきます。

 

 

 

 

 

「自己分析」とは、自身を客観的な視点で見つめ、自分の強み、弱み、好き、嫌い、得意、苦手など自分を作り上げている要素を明らかにすることです。自己分析をもとにアピールするポイントや、これから何をしたいのかという目標設定し、企業側に明確に伝えることが大切です。

企業が求めているのはスキルがあるかということも大切ですが、自身の障がいを理解して、職場の人(周りの人)へ正しく伝えることができること、理解を得ることができるかということをより重視しています。

自己分析ができたら、いよいよ履歴書の作成から始めていきますが、この中で「志望動機、自己PR」という欄がありますが、志望動機を文書化するのがまた難しいですね。

企業の採用担当者の方が知りたいことは、「あなたを採用するメリットは?」ということになりますので、自分がこの会社に入ってどんな事を活かせるのか、自分目線ではなく企業目線で伝えていく、ということです。

⓵あなたを採用するメリット②企業目線で伝えること

なぜ、その会社を志望したのか、入社してどんな事がしたいのか、またできるのかなど具体的に一貫性のあるアピールにしていきましょう。

スキルアップ・ムーブでは応募書類の作成についても日々サポートを行っています。支援者と一緒に考え、進めて行きましょう。

 

 

 

 

#就労移行支援事業所

#応募書類

#履歴書

#職務経歴書

#ナビゲーションブック

#自己紹介書

【一通の手紙】2021年4月30日(金)

スキルアップ・ムーブスタッフです。世間ではゴールデンウィークですが、ムーブでは、祝日関係なく開所しております。

今日は、利用者Kさんの最終利用者、つまり5月から新天地での就労が決まっていますので、本日がムーブへの最後の来所日となり、卒業証書授与式、記念品贈呈が無事に終わりました。利用者のKさんは、5月から自身の”好きな事”をさらにスキルアップ、自己研鑽する為にこれからの就労先でご活躍されます。Kさんの得意とされることのひとつに、「手紙を書く(文字を書く)」ということがあるのですが、本日は、スタッフ、ムーブの利用者の方、お一人ずつにお手紙を書いてきてくださいました。

DSC_0051

 

ムーブにご縁があった事に対しての感謝、自分の為だけではなく他者の為に尽力した事が、結果自身の幸せにつながった事、過去の教訓を未来に活かしていきたい事など、とても気持ちのこもったお手紙でした。これからも自分らしい生き方を実現してください。今後一層のご活躍をお祈りしています。

支援者のやりがい、モチベーションとは何でしょうか?目の前の利用者の方が就労していただければそれでいいでしょうか?という事を改めて考えました。利用者の方が「本当にムーブを利用してよかった!」と心から言葉をかけていただいた時に、ムーブの支援者で間違いなかった、本当によかったと実感した瞬間でした。私たちはその人、一人一人の「働きたい」を全力でサポートする為に日々アップデートしていきます。

DSC_0050

 

上記の画像は、さくらほりきりというKさんの得意とされる手作りキッドです。ムーブの為に作ってくださいました。

 

【Zoomでの避難訓練実施しました。】2021年4月27日(火)

ムーブスタッフです。半年に1回は実施している避難訓練ですが、ムーブでは、在宅の利用者の方も一緒に参加して頂く為に、Zoomで避難訓練を行いました。Zoomで避難訓練ってどんな事するのー?と疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれません。一部ですが、内容をご紹介したいと思います。

●主なタイムスケジュール

  1. Zoom画面共有を用いて、福岡市消防局の防火講習:動画視聴
  2. Zoom画面共有を用いて、動画にて実際の避難経路の確認
  3. 福岡:防災マップ(冊子)の案内等
  4. 本日の感想、振り返り

福岡市消防局が公式に発信している火災の時どう行動をとったらいいかという約10分程度の内容の動画を利用者の方、スタッフで共有して視聴しました。

次に、当事業所から避難場所である冷泉公民館までの経路の確認を行いました。始めは、Googleのストリートビューの画面を共有する予定でしたが、どうにもこうにも、クリックがうまくいかず、事前に冷泉公民館まで実際に歩いてスマホで撮影してきた動画を共有する事にしました。

若干ブレはありますが、イメージはつきやすかったと思います。万が一、当事業所で、避難しなければならない状況になった場合、迅速に行動できるよう普段から、心と身体の準備をしておく事が大切ですね。このように、Zoomを活用して避難訓練をする事もできました。経路を確認したあと、全員で感想等をシェアしていきました。今後も定期的に避難訓練をやって行きたいと思います。

#避難訓練#就労移行支援事業所#Zoom

 

【Zoomの避難訓練リハーサルをしました。】2021年4月20日(火)

ムーブスタッフです。今週は気温がグーっとあがって暖かくなるようですね。とはいえ、朝晩はまだ肌寒い日もあり、衣服での調整が必要です。

今日は、来週当事業所でZoomでの避難訓練を行うのですが、リハーサルをしました。今回のホスト役は、スタッフのIさんです。Zoomで動画を視聴、その後避難場所までの経路をGoogleのストリートビューで確認していきます。

 

 

 

 

 

 

 

タイムスケジュール等入念にチェックをし、新たな課題もみえてきました。本番までまだ時間がありますので、情報を共有しながら進めて行きたいと思います。

【4月30日のパーソルネクステージ福岡&スキルアップ・ムーブ合同説明会終了のご報告】2021年4月19日(月)

ムーブスタッフです。先日、ご案内さしあげておりましたパーソルネクステージ福岡とスキルアップムーブ の合同会社説明会が無事に終了致しました。

今回は、会社説明だけではなく、普段弊社が取り組んでおります”テレワーク”についてのトレーニング内容を具体的にお伝え致しました。コロナ禍の今、通勤するという働き方ではなく、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のご提案、主に在宅勤務を想定したトレーニングにおいてのご説明をさせて頂きました。

企業や組織の業務内容や役割分担、働く個人を取り巻く環境によって、最適なテレワークの取り組み方は様々です。自社にとって、自身にとって最適な働き方とはどのようなものでしょうか?

今後、テレワークをどう活用するのか、私たちは今、模索しながら常にチャレンジしていければ幸いです。今回、ご参加頂きました事業所様 お忙しい中ご来訪頂きありがとうございました。

#テレワーク#就労移行支援事業所

【Excel「IF関数」ネスト学習】2021年4月12日(月)

ムーブスタッフです。

今日の福岡は曇り、これから雨模様、明日の朝まで強風に注意が必要との事です。今日は、利用者Kさん久しぶりにExcelのIF(ネスト)関数を学びました。

IF関数がExcelを好きになるのか、ならないのかの分かれ目と言われています。そんな中でも、IF関数のネストとは、IFの中に、またIF、その中にまたIFと最大7つまで設定可能なネスト(入れ子)と言いますが、今日は利用者の方と一緒に学んで行きました。やり続けていないと人間誰しも忘れてしまいます。しかし、過去のテキストを読み返し、そこにほんの少しの他者からの声かけがあると、だんだんと思い出し、難易度の高い問題もスラスラ解けて行きました。自発的に問題解決できる力、困った時に周りの人になるべく早く働きかけ、アドバイスを求める力、これが解決する為の近道です。また問題解決しなくても、心が軽くなる、再び前を向けるようになる、気持ちと思考を整理整頓する事ができ、次の一歩を踏み出す事ができるようになります。「仕事」と考えた時、自分一人で考え自分のやり方で進めた方がいいのか、また他者の力を借り、できるだけ報告相談をし、アドバイスを求めながら進め方がいいのか、どちらが生産性を上げる事になるでしょうか。