【「セルフケア」について】2020年4月30日(木)

ムーブスタッフです。

セルフケア」という言葉をご存知でしょうか?スキルアップ・ムーブが力を入れている事は、「セルフケア」についてのスキルです。

セルフケア」とは、どような事でしょうか?セルフケア(self care)とは、セルフマネージメントとも呼ばれますが、自分自身をケアすること、つまり、自分自身で自分のケア(お世話)をする、面倒を見ることを意味します。

ムーブでは、株式会社リクルート様の(knowbe)というソフトを使ってます。セルフケアとは、自分の体調の変化に気づき、それに対処するための、知識・方法を身につけ実施することです。働く上では、このスキルがとても重要だとされています。

状態把握

【不調になる原因・きっかけ】

頭痛という症状が起きるとき、最初は小さな痛みが生じて、それが徐々に強くなってくると、『あ、頭痛だ』と気づきますね。これが状態把握です。

特徴理解

【不調になると・・・】

症状を何度か経験していると、そのうちに、雨の日は頭痛が出やすいなど、どんなときに症状が出やすいか分かってきます。発生頻度や症状が継続する時間、その間できること、できないことなども分かるようになります。これが2つめの特徴理解です

回復対処

【不調になった際の対処は?】

頭痛が起きたら、何かしらの対処をすると思います。仕事中だったら、だいたい頭痛薬を飲んで、少し休んで、痛みが治まったら仕事を再開する、などの対処になるでしょう。これが3つめ回復対処です。

配慮相談

自分の今の状態と対処法、配慮してほしいことについて、周囲の人に伝えるということです。『先ほどから頭痛が出てきて、今、頭痛薬を飲みました。痛みが軽くなるまで、10分ほど席を外してもよろしいでしょうか』。こんな風に伝えられれば、周囲の人も状況が理解できて、今どんな配慮が必要なのか分かるようになりますね。これが4つめの配慮相談です。

身体がきつい時、不調を感じた時、頑張って治るものではありません。セルフケアは、働く本人も一緒に働く社員も、安心できる重要なスキルです。自分らしく、長く働き続けるためには、まずじっくりと自分を理解するトレーニングをして、セルフケアのスキルを身につけて行きましょう。

問い合わせ:代表電話092-263-5337・FAX092-263-5338

メールアドレス:info@skillupmove.com

 

【今、できる事を・・・】2020年4月29日(水)

ムーブスタッフです。

4月29日(昭和の日)皆さんステイホームで

在宅してある方も多いと思います。

ムーブでは、GWの祝日は、通常通りのトレーニングですので

朝からいつものルーティンをこなしています。

今回の新型コロナの件で、今まで経験したことのない状況に直面し、そこから多くのことを学びました。

行動するのも自分

行動しないのも自分

今できる事をやって行きたいと思います。

 

 

 

【子育てとテレワークの両立】2020年4月24日(金)

こんにちは、筑豊圏域を担当しているムーブスタッフです。

新型コロナウイルスの影響の中で、小学校入学を迎えた我が子。
さあ、学校生活始まるぞ、楽しみ~とワクワクしていたにも関わらず、
その後の緊急事態宣言が発令され、学校も学童も行けなくなり、
現在は自宅で保育しながら、テレワークを行っています。

学校から配布された宿題はあっという間に仕上げてしまった我が子。
子どものスイッチが入っている時を逃したくなくて、
日用品を買い出しに行った際にこんなもの見つけました。

 

 

 

 

 

まだまだ習っていない内容ばかりでしたが、
我が家の方針として、子どもの能力より少し難題に挑戦させるようにしています。
勉強だけではなく、日常生活の中でも、料理の手伝いやおもちゃの片づけなど。
それらを出来た時はもちろん褒めますが、出来なくても大丈夫だと声かけも忘れずにします。

また、子どもの判断も大切にています。遊び感覚を取り入れながら、飽きない工夫を心掛けて、子ども扱いはあまりせず、一人の人間として選択できる力を身につける事を目的としています。

緊急事態宣言発令に伴い、自宅保育しながらテレワークができる環境もすごく有り難く思い、この機会に子どもとのコミュニケーションは密に、大切にしたいと思って過ごしています。

【テレワーク少しずつ慣れてきました。】2020年4月22日(水)

ムーブスタッフです。
緊急事態宣言が発令され、4月9日よりスタッフも含め、
本格的にテレワークを実施しています。
いきなりの非日常が始まりましたが、段々と
それが日常として定着してきました。
始めの数日間は、慣れておらず妙な緊張感もあり
結構な疲労度だったのですが、
継続していくうちに段々と慣れてきました。
いくつかの課題がでてきましたが、それも少しずつ
クリアにしていくと、モチベーションや生産性も上がってきて、効率アップに
繋がってきました。
やはり自己工夫が必要ですね。
テレワークを行う際の作業環境整備について厚生労働省のホームページにも
掲載されていましたので是非一度ご覧ください。
しかしながら個人宅では、予算を始め家の中の状況でも
限界はありますが・・・・
まずはできるところから始めてみました。
是非お問合せください。
電話:092-263-5337
FAX092-263-5338
メールアドレス:info@skillupmove.com
#テレワーク
#自宅で仕事









【スタッフもテレワーク!】2020年4月10日(金)

ムーブスタッフです。

昨日、今日の2日間、スタッフはテレワークを実行しました。

連日の新型コロナウイルスの影響で

利用者の方は、在宅でのトレーニングに切り替えて頂き

スタッフはぎりぎりまで通勤し、事業所で業務をこなしていましたが、

緊急事態宣言が発令され

スタッフもテレワークを実行しました。

それぞれのスタッフが、それぞれの役割を果たし

過ごす事ができました。

「テレワーク」を実際に体験し

メリット、デメリットがより一層明確になってきました。

そんな中で本日は、利用者Tさんに、SOCOCOで

プレゼンテーションをして頂きました。

話し手:1名、聴き手:5名の総勢6名での参加でした。

今回のプレゼンテーションでは、聴き手は基本傾聴する

「相手が言いたいこと」「相手が伝えたいこと」にポイントを置いて、

発表者を尊重し、ひたすら耳を傾ける事に集中する

すると、話し手は、安心して気持ちよく発表ができたように感じました。

今後も、SOCOCOで発表の機会を少しづつ増やして行きたいと思います。

 # テレワーク

 # プレゼンテーション

 # 傾聴

 

【今、私たちにできること、やれること・・・】2020年4月7日(火)

ムーブスタッフです。

連日のコロナウイルスで、先が見えない日々を過ごし

世界中が不安な毎日が続いています。

ウィルスは人を選ばないから、今やどこで誰が感染していても不思議ではありません。

「テレワーク」など到底不可能な職種の方々

本当に頭がさがります。

先の事が見えずに不安になる・・・。

今、私たちはどういった心の状態を保てばいいのか・・・。

ある精神科医のK先生がYouTubeでアップされていましたが

■ニュートラルな心理を保つ(良い面、悪い面の両方を見る)

■ポジティブでもネガティブでもない中間な気持ちをもつ

今、自分がどういう状態にあるのか冷静に客観的に考える

■ニュートラルな気持ちを持ち続けるために、今日の良い事を3つ書き出す

という事をアドバイスをされています。

できない事を無理にするからストレスがたまっていき疲労につながる。

今、私たちができること

■手洗い、うがいを徹底する事

■外出を控える事

■人との接触を最小限に抑える事

■マスクを着用する事

まずは、自分がやれる事、できる事をやっていく

これが大切ですね。

 # コロナウイルス

 # 不安な毎日

 # 今できること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【冷泉公園 ソロお花見・・・・・】2020年4月1日(水)

ムーブスタッフです。

ムーブのブログをご覧頂きありがとうございます。

毎年、この時期はお花見で賑わう時ですが、

連日のコロナウィルスの影響により

人の姿そのものが非常に少ないです。

ムーブの事業所の近くには、「冷泉公園」があり、

毎年、お花見客で一杯なのですが、

ご覧のとおり、人ひとりいない状況です。

今年はイベントは中止。

このような状況でも桜は毅然とした姿で咲いています。