【SOCOCOとZoom】2020年5月8日(金)

ムーブスタッフです。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大、そして国内では自粛要請からの緊急事態宣言で、私たちの生活の景色は一変してしまいました。

ムーブでは約4年程前からテレワークを推奨してきて、今回、利用者の方、スタッフ共テレワークへ移行したのですが大きな混乱もなく、むしろ積極的に取り組む事ができました。オンライン飲み会とか、リモートで会議とかここ最近よく耳にする言葉ですが、テレワークになって、映像でコミュニケーションをとる事が多くなりました。

今まではコミュニケーションをとる手段と言えば、代表的なことで言えば、対面、電話、手紙、メール、LINEなどありましたが対面以外では相手の表情、声のトーン、コンテキスト(文脈)背景状況などを感じ取る事ができませんでした。そこで、現在は映像を通じてコミュニケーションがとれる手段が主流となっています。

ムーブでは主にSOCOCOというツールを使っていますが、最近はZoomもかなり使いやすいという事がわかり、どちらも使ってみる事にしました。SOCOCO、Zoomともにテレワーク向けのビデオ会議ツールです。両方とも同じような機能を提供するツールですが違いもあります。今日はSOCOCOとZoomについて簡単に説明したいと思います。

  • SOCOCOの特徴

株式会社テレワークマネジメント
https://www.telework-management.co.jp/

SOCOCOは株式会社テレワークマネジメントが提供しているツールです。

その最大の特徴はWeb上に仮想のオフィスを作成できることでしょう。
30種類以上のオフィスレイアウトから選んで簡単に作成できます。

このオフィスにブラウザや専用のアプリからアクセスして、オフィスに配置されたアバターを操作してビデオ会議を行うことができます。

カラフルなアイコンとシンプルな操作で初心者でも始めやすいのも特徴の一つと言えます。

SOCOCOは有料ですがトライアルができます。
SOCOCOの紹介動画もあるのでそれを見てみるのもいいでしょう。

株式会社テレワークマネジメントのSOCOCO紹介ページ
https://www.telework-management.co.jp/services/tool/sococo/

  • Zoomの特徴

Zoom Video Communications, Inc.
https://zoom.us/

Zoomは基本無料でありながら、ビデオ会議、画面の共有、遠隔操作、チャット、録画などテレワークに必要と思われる機能をほぼすべて備えており、1対1の会話は無制限、3人以上で最大100人まで参加グループミーティングは無料版でも連続40分まで利用できます。

それに加えて有料プランではさらに高度な機能が提供されています。

ニュースにもなった不正アクセスへの対応は待機室を用意してホストが許可した参加者しか会議に参加できないようにすることで対応できるようになりました。

Zoomは基本無料でアカウントを登録するだけですぐに利用を始めることができます。

みなさんは、どれを使われますか?

#SOCOCO  #Zoom  #オンライン

DSC_0011